恋愛だけじゃダメって本当?私は出会いを求めて生きていく2017

出会いそして片思いをした恋愛

十九歳の時に、はじめて本気で好きになった人がいました。友達の彼氏の友達の知り合い、というような微妙な距離の人だったのですが、みんなで遊びに行った時、人生最初で最後の強烈な一目ぼれをしてしまいました。陰気で無口な人でしたが、顔と体つきで雷に打たれたようになり、かなり積極的にアプローチしました。一目ぼれというのは不思議で、特に一般的に容姿が優れているとかおしゃれだとかいうことではなく、自分が好きだ、と思う人がいるのにも驚きました。その彼は世間的にはまったくかっこよくなく、友達は、え、あの人?という感じでしたし、全くモテなくて彼女もいないのはラッキーでした。彼は浪人しているはずが挫折してフリーターになったような人で、喫茶店でバイトをして、その収入をすべてパチンコと麻雀に使うというダメな人でしたし、そんな生活なので、普通の女子大生の私とは趣味も話題もあいませんでしが、彼に会うだけで気分が舞い上がる高揚感はいまでもしみじみと覚えています。彼はバイトとギャンブルで忙しく、当時は携帯電話もなかったので、会いたいときはパチンコ屋に探しに行きました。一人暮らしをしているひとだったので、家の前で待っていたこともあります。立派なストーカーですね。彼の方からはあまり連絡をくれませんでした。実家暮らしで親が出るから電話しにくいようなことを言っていました。こちらから迫りまくり、初体験もしました。彼もはじめてだったように思います。そんな生活を続けていたのですが、私は大学を卒業して就職し、ごく普通のサラリーマンの人と交流ができ、会社の帰りにレストランに行くとか休日にドライブに行くとか、彼とは経験できなかった生活が心地よく感じるようになりました。働いているのでストーキングができなくなったせいもあり、私が連絡しないと、向こうからも来ない、自然消滅の形となりました。十年くらいが過ぎ、驚くことに、ある晩、たまたま用事がなく一人で街中を歩いていたとき、彼に偶然会いました。彼はあいかわらずものすごく好みのタイプで、体中の血が湧き上がるような感じがしました。お互い用事がなかったので、お店に入って食事をしました。実は私は婚約していて挙式の日にちも決まっていましたが、そのことは話しませんでした。何も言わずに彼の家に行き、十年ぶりにやりました。好きな人とやるのはこんなにも素敵なのかとうっとりしました。思い切って、私のこと相手にしてくれなかったよね、というようなことを言ったら、自分が好きなのを信じられなかったし、自分も好きになったら、何も取り柄がないし振られたらいやだった、というような弱虫なことを彼はいいました。押し切ればまた交際が始まるかもしれないと思いましたが、彼からはそういうそぶりは見えませんでした。携帯電話の番号を交換しましたが、お互い連絡をとることはなく、私は普通に結婚しました。間違いを起こさないように、携帯電話の番号は削除しました。結局は私の片思いだったのかなと思います。メディア等でストーカー犯罪を見ると、何となく気持ちがわかります。今でもまた、彼に偶然会えないかなと思うことがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ