恋愛だけじゃダメって本当?私は出会いを求めて生きていく2017

交際していた彼女との出会いの話

私の恋愛経験の中で一番長く付き合った期間は6年です。最初の彼女との出会いはナンパでした。出会った当時の私は彼女を作るよりもナンパや出会い系で女性を口説き遊んでいるような最低の人間でした。その時も遊び相手として彼女をナンパしました。連絡先を教えてもらいその日はそれで終わりました。その後彼女と連絡を続けて飲みに行くことになりました。私はお酒を飲んで性的な行為をしようと考えていました。当日はお酒を飲んで、私の王道のパターンである公園に彼女を誘いました。酔い覚ましの散歩という事で彼女と散歩をして偶然を装った雰囲気で公園に行きました。そこまでは予定通りでベンチに座ってキスをしようと考えていた私ですが、ベンチに座って顔を近づけると彼女は拒絶をして顔を伏せました。私は絶対的な自信がありましたが、その時初めて成功せずにその日は変な感じになり別れました。私もその女性は諦めようと思いましたが、日に日に彼女への思いが強く感じるようになりました。最初は恋愛感情もなく、ただの自分の欲求を発散させるだけだったのに、初めて好きという感情を持つようになりました。その自分の気持ちに素直になり、彼女にちゃんと謝りもう一度デートしてもらうように頼みました。その時から真剣に女性とお付き合いしようと自分の中で思うようになり、夜遊びを止めることのキッカケになりました。彼女も快く許してくらて一から彼女と向き合うことにしました。彼女とのデートはとても新鮮でした。自分の意識を変えてから彼女と遊ぶ事がとても楽しくなりました。出会いはナンパで不純な目的で声をかけ知り合いましたが、私は彼女に人を愛するという事と恋愛というものを教えてもらいました。その後じっくりと時間をかけて関係を築き半年の期間を経て告白をしました。夜景の綺麗なバーで彼女への気持ちを手紙にして読み上げました。彼女の承認をもらい正式に付き合う事になりました。その彼女は私よりも二個上の女性で、私が知り合った時は、私は学生で彼女は社会人として働いていました。社会に出た大人の女性で余裕のある立ち回りに私も惹かれていました。6年間彼女とお付き合いをして期間的には長いですが、体感は一瞬のように思えました。人は思い出を忘れる事で行きていけると言いますが、私にとって彼女との思い出は一生忘れることは出来ないと思っています。現在では別れてしまいましたが、彼女との出会いが私にとってとても良い経験になりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ