新宿区 多重債務 弁護士 司法書士

借金返済の相談を新宿区に住んでいる人がするならコチラ!

借金が返せない

借金の金額が多すぎて返済がつらい…。
多重債務を抱えているから、債務整理したい…。
もしもそう思っているなら、できる限り早く司法書士や弁護士に相談を。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、督促が止まったり、毎月の返済額が減ったり、といういろんな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所や法務事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で新宿区に対応している、お勧めの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
また、新宿区にある法務事務所・法律事務所も載せているので、そちらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
司法書士・弁護士の知識・知恵を借り、最善策を見つけましょう!

新宿区の人が借金・多重債務の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の多重債務や借金返済問題の相談なら、ココがおススメです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払いは、分割払いでもOKです。
相談料ももちろん0円!
借金の取り立てをストップするのもできます。
任意整理、自己破産、過払い金、個人再生、など、借金について無料相談することができます。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話料金0円)で相談受付が可能なので、お金に困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から支払を清算できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないので、お得に解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

新宿区の人が債務整理や借金の相談をするなら、まずこれもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った借金の診断ツール。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、新宿区の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で使える!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



新宿区近くの他の法律事務所や法務事務所を紹介

新宿区には他にもいくつかの法務事務所・法律事務所があります。参考にしてください。


●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

新宿区にある地元の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

新宿区在住で多重債務や借金の返済に弱っている場合

クレジットカードの分割払いやキャッシング業者などは、金利がとても高いです。
15%〜20%も金利を払わなければならないのです。
住宅ローンの場合年間0.6%〜4%くらい、マイカーローンでも1.2%〜5%(年間)ぐらいなので、その差は火を見るより明らかです。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定するような消費者金融の場合、なんと金利0.29などの高利な金利をとっている場合もあるのです。
ものすごく高利な利子を払いながらも、借金は増えるばかり。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、高い利子で金額も多いという状況では、なかなか返済は難しいでしょう。
どう返済すべきか、もうなんの当てもないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかありません。
司法書士や弁護士ならば、借金返済の解決策をきっと捻り出してくれるはずです。
長期計画での返済になるかもしれませんし、過払い金を請求して返す金額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

新宿区/借金の減額請求って、なに?|多重債務

多重債務等で、借入の支払いが困難な実情になった場合に効果的な進め方の一つが、任意整理です。
今現在の借り入れの状態を再チェックして、過去に金利の払いすぎ等があれば、それを請求、若しくは現在の借り入れとチャラにして、なおかつ現在の借り入れに関してこれから先の利息を縮減して貰えるように要望できる手法です。
ただ、借入れしていた元金に関しては、きちんと返す事が基礎であり、利息が減じた分、過去より短い時間での返金が土台となってきます。
只、利子を払わなくていいかわりに、毎月の返済額は縮減するから、負担は軽くなるということが一般的です。
ただ、借り入れをしている消費者金融などの金融業者がこのこれから先の金利に関連する減額請求に応じてくれないと、任意整理はできません。
弁護士などその分野に詳しい人にお願いしたら、絶対に減額請求が通ると考える方も大勢いるかもしれませんが、対応は業者によりいろいろであり、応じてくれない業者というのも有るのです。
ただ、減額請求に対応してくれない業者はもの凄く少数なのです。
なので、現に任意整理をやって、業者に減額請求を行うという事で、借り入れのストレスが随分減少すると言う人は少なくありません。
現に任意整理ができるか、どの程度、借金の払い戻しが圧縮するかなどは、先ず弁護士の先生に頼むと言う事がお奨めです。

新宿区|自己破産に潜むリスクとは?/多重債務

率直に言って社会一般で言われているほど自己破産のリスクは少ないのです。マイホームや土地や高価な車等高値のものは処分されるのですが、生活するうえで要る物は処分されないです。
又二〇万円以下の蓄えは持っていてもよいのです。それと当面数カ月分の生活費用が100万未満なら持って行かれる事はないです。
官報に破産者の名簿として掲載されるがこれもごく一定の人しか見てません。
また俗にブラックリストに掲載されしまって7年間くらいの間ローン又はキャッシングが使用出来ない状態となるが、これは仕方の無いことです。
あと定められた職種に就職できなくなることも有ります。けれどこれも極僅かな限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返済することの出来ない借金を抱えているなら自己破産を実施するというのも1つの手口でしょう。自己破産を実行したならば今までの借金が全て無くなり、新たに人生をスタートすると言う事でよい点の方がより大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士・弁護士・公認会計士・司法書士等の資格はなくなります。私法上の資格制限として保証人、後見人、遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役などにもなれないのです。ですがこれらのリスクはあんまり関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きなものではない筈です。

関連するページの紹介