守山市 多重債務 弁護士 司法書士

守山市在住の方が借金返済に関する相談をするならどこがいいの?

借金の督促

多重債務の悩み、借金の問題。
お金・借金の悩みは、自分ひとりではどうしようもない、重大な問題です。
しかし、弁護士や司法書士などに相談するのも、少し不安になったりする、という方も多いでしょう。
このサイトでは守山市で債務・借金のことを相談する場合に、おすすめの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
ネットを利用して相談することが出来るので、初めて相談する人でも安心です。
また、守山市の地元の法律事務所や法務事務所も紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

守山市在住の人が借金・多重債務の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

守山市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、コチラの事務所がお勧め。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
過払い金、自己破産、任意整理、個人再生、など、借金や債務の悩みについて無料相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリの方法で、どうにもならない借金問題を解決します。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないため、お得に解決することができます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

守山市在住の人が債務整理・借金の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットでできる借金の診断ツールです。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にピッタリです。
しかも無料で、匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、守山市の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



守山市近くにある他の司法書士や弁護士の事務所紹介

守山市には他にも法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●廣田司法書士事務所
滋賀県守山市守山1丁目2-2太陽ビル3F
077-583-7261

●あいリーガルいしべ事務所
滋賀県守山市守山6丁目6-12
077-582-3245

●くすのき法律事務所
滋賀県守山市守山六丁目1番1号
077-514-2175
http://upp.so-net.ne.jp

●亀村弘夫司法書士事務所
滋賀県守山市守山4丁目5-32
077-583-8914

●くすのき法律事務所
滋賀県守山市守山六丁目1番1号
077-514-2175
http://upp.so-net.ne.jp

●東出司法書士事務所
滋賀県守山市守山6丁目17-45
077-532-3877
http://higashide-office.com

●津田法律事務所
滋賀県守山市守山1丁目2-2太陽ビル3F
077-582-5274

●原田種夫司法書士事務所
滋賀県守山市守山2丁目15-38
077-582-1462

●守山開発(有)
滋賀県守山市守山2丁目15-38
077-582-1462

●司法書士奥村愼三事務所
滋賀県守山市吉身二丁目9-27伊勢屋ビル2階203号室
077-582-6981
http://shihou-okumura.com

●原法律事務所
滋賀県守山市勝部1丁目1-21小島ビル4F
077-583-3301

●かがり司法書士事務所
滋賀県守山市梅田町2-1セルバ守山3F
077-514-3010
http://kagari.biz

●林司法書士事務所
滋賀県守山市吉身3丁目6-1
077-582-2483

守山市にある地元の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

守山市で借金の返済や多重債務に参っている状態

キャッシング会社やクレジットカードのリボ払いなどは、金利が尋常ではなく高いです。
15%〜20%もの利子を払う必要があります。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%くらい、自動車のローンも1.2%〜5%(年)ほどですので、すごい差があります。
さらに、「出資法」をもとに金利を設定しているような金融業者の場合、金利が0.29などの高い金利を取っている場合もあるのです。
高利な利子を払いながらも、借金は膨らむばかり。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないのですが、利子が高利で額も多いという状態では、返済するのは辛いものでしょう。
どう返すべきか、もうなにも思いつかないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金を返す解決策をきっと見つけ出してくれるはずです。
長期計画での返済になるかもしれませんし、過払い金の返還で返す金額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

守山市/債務整理のデメリットとは|多重債務

債務整理にも多種多様な進め方があって、任意で金融業者と話し合いする任意整理と、裁判所を通じた法的整理の自己破産又は個人再生などの類が在ります。
それではこれらの手続きについてどんな債務整理デメリットがあるでしょうか。
これら三つの手法に共通している債務整理デメリットは、信用情報にその手続をしたことが掲載されてしまうということです。言うなればブラック・リストと呼ばれる状況になります。
そしたら、大体5年〜7年ほど、ローンカードが作れなくなったり又借入が不可能になるのです。しかし、貴方は支払いに苦悩し続けてこの手続きをする訳だから、もう暫くの間は借金しない方がよいのではないでしょうか。
ローンカードに依存し過ぎる方は、むしろ借金が出来ない状態なる事によりできなくなる事により救われるのじゃないかと思います。
次に個人再生や自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続きを進めた事が掲載されてしまうということが上げられるでしょう。けれども、あなたは官報など観たことがありますか。逆に、「官報ってなに」という方の方が複数いるのじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が作るする新聞のような物ですが、消費者金融等の極一定の方しか目にしません。ですので、「破産の事実が知り合いに知れ渡った」などといった事はまずもってありません。
最終的に、破産特有の債務整理のデメリットですが、1辺自己破産すると七年間、2度と破産出来ません。これは配慮して、2度と破産しなくても済むように心がけましょう。

守山市|自己破産のリスクって?/多重債務

はっきり言って社会一般で言われている程自己破産のリスクは少ないです。土地、高価な車、マイホームなど高価格なものは処分されるが、生活していくなかで必要な物は処分されません。
また二十万円以下の蓄えも持っていて問題ないのです。それと当面の間の数ケ月分の生活に必要な費用が一〇〇万未満なら没収されることは無いです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれも極一部の人しか見ないのです。
また俗にいうブラックリストに記載されしまって7年間くらいの間はキャッシング・ローンが使用ローン若しくはキャッシングが使用出来ない情況となるでしょうが、これは致し方ない事でしょう。
あと決められた職種に就けないと言うこともあるのです。しかしながらこれも極少数の限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返す事のできない借金を抱え込んでいるなら自己破産を行うと言うのもひとつの方法です。自己破産を実行すればこれまでの借金が全くなくなり、新たな人生をスタート出来ると言うことでよい点の方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし司法書士・公認会計士・税理士・弁護士などの資格はなくなります。私法上の資格制限とし後見人・保証人・遺言執行者にもなれないです。また会社の取締役等にもなれません。けれどこれらのリスクはほぼ関係ないときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものでは無いはずです。

関連ページの紹介